スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | main |

    日経225寄り引きトレードシステムTITAN 比嘉 正敏

    0

      日経225寄り引きトレードシステムTITAN




      下のサイトより購入すると最大で17000円が還元されます!
      日経225寄り引きトレードシステムTITAN




      トレードシステムの売買ルールに用いるテクニカル指標には、 大きく分けて2種類がある、という事をご説明しないとなりません。
      1つはトレンドフォロー系と言って、 相場が動き出した方向と同じ方向に売買するという、所謂順張りタイプです。
      簡単に言えば、相場が上昇し始めた時には、買い、 相場が下降し始めた時には、売る、というようなモノです。
      順張りのメリットは今更説明するまでもありませんが 相場が上昇している時に買っていれば、利益を上げる事が出来ますし 相場が下降している時に売っていれば、利益を上げる事が出来ます。
      しかし、デメリットもあります。
      先程もお話しましたように、株価というのは上下の繰り返しです。
      相場が上がり始めたのを確認してから買いを入れてしまうと、 相場が逆転し下降すれば、損失を出す事も御座います。
      逆に相場が下降し始めたのを確認してから売りを入れると、 相場が逆転し上昇し始めると、損失を出す事も御座います。
      もう一つのタイプが、オシレーター系と呼ばれているものです。
      これはトレンドフォロー系とは逆で、 相場が上昇し始めると、そろそろ下降に逆転するのではないかと判断し、 売りを建てる方法です。
      逆に相場が下降し始めると、そろそろ逆転して上昇するのではないか判断し、 買いを建てる方法です。
      これのデメリットというのは、トレンドに大きな流れが生じた時です。
      株価が上昇したからといって、また下降すると判断した時に 予想が外れ、大きなトレンドにより更に上昇を始めた場合、 損失を出す事があります。
      逆に下降の時にも同じような事が言えます。
      そこで、これらのデメリットを解消する為に、 当トレードシステムでは、トレンドフォロー系とオシレーター系の2つのテクニカル指標を採用致しました。
      それにより、お互いのデメリットを打ち消す事が出来、 先程もお話したような 上昇相場・下降相場のフォローも行える訳です。
      通常はこの2つのテクニカル指標の組み合わせにより、 安定したトレードシステムを開発する事が出来ます。
      しかし、当トレードシステムでは、 これに、ある要素を付け加える事によって、 安定だけでは無く、 大きな利益を実現する事も可能となりました。
      そのある要素については、今はお話出来ませんが、 利益を更に大きく積み上げる為の要素だと思ってください。
      トレンドフォロー系のテクニカル指標による、大きなトレンドの流れの対応。
      オシレーター系のテクニカル指標による、細かな上下の動きへの対応。
      更に、ある要素による、大きな利益を積み上げる為の仕掛け。
      これらにより、この好成績なトレードシステムは完成しました。







      あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版 Direction225 サイクルヒットFX2011 横綱FX 【ナイトリッチ225】 日経225自動サイン判定ソフト

      スポンサーサイト

      0